2011年12月31日

久しぶりに機械室でファンフライ機飛行

自作ファンフライ機のYAK54mini(スパン400mm)を久しぶりに誰もいない機械室で飛行しました。
現在の飛行重量は1セル220mA25Cリポ搭載で32.2g(スパン400mm)です。

この位の大きさなら楽しく飛行できます。


こちらは自作ファンフライ機のCM600VP(スパン600mm)で現在の飛行重量は2セル220mA25Cリポ搭載で85.9gです。

この大きさでの可変ピッチ機では狭すぎてぶつかりまくりで、修理の連続です。

posted by yuta at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。