2011年09月14日

3DヘリV100D03BLの改造

WALKERA V100D03BLは最初からフルブラシレス機で性能も良い3Dヘリです。
914v100-1.jpg

しかしメインロータの弱さとギヤの弱さは弱点で3Dヘリなのですが最初から3Dの練習を躊躇していました。
(家でホバリング練習でロータ2個だめにし、外で背面練習でギヤ2個舐めてしまった・・弱い)
・・・手放そうとオークションに出しましたが引き取り手が無く(¥15.000でも)・・・

しかたなく、改造し3D練習機にする事にしました。
1.メインロータはmcpXの物に変更すれば問題は解決します。
2.ギヤの弱さ(舐めてしまう)の改造はmcpXのようにしようとプラリペアとカーボンクロスでこころ見ましたが上手くできませんでした!!!

今はギヤの固定用シャフトを弱い物にしようと考えています。
914v100-2.jpg
材質は???(実験中)・・・舐めずに上手くネジ切れてくれれば良いのですが?
明日3D飛行(墜落テスト)をしてみます。
posted by yuta at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Blade mcpXフルブラシレス機再改造し2台目も完成

テールモーターの起動特性が最初から悪かった(当たりが悪かったのか?)のですが急に回転したりしなくなったりと不調になりました。
結局、巻き直ししました。
純正は0.18mm線を10T、スター結線でしたが0.18mm線を12T、スター結線にしました・・・今は順調です。

ブラシレスモーターは停止からの起動がブラシモーターに比べ遅いようなので?プログラムを改造し電池接続4秒後に低速回転するようにしました(停止しませんが!問題ないです)・・・MCPXはテールモーターが停止する瞬間があるようでブラシレスモーターでは瞬間に高速回転までいかないようです?


さらに2台目もフルブラシレス機に改造しました。
914mcpx.jpg
1台目
メインモーター WK−WS−13−001
ESC     WK−WST−10A−L5
テールモーター WK−WS−10−004(0.18mm12T、スター結線に巻き直し)
ESC     WK−WST−10A−L6
テールローター V100D03BL用
ギヤ      8T
飛行重量 51.5g

2台目
メインモーター WK−WS−12−003  (V120D03用)
ESC     HM−CB100−Z−26
テールモーター 2gモーター(0.12mm18T、スター結線に巻き直し)
        (だいぶ前に15g飛行機用に買って巻き直して有った物)
テールローター V100D03BL用
ギヤ      7T 
飛行重量 56.0g(モーターが重い分、重いですがこちらの方がパワーが有る感じです)


どちらもテールモーターは常に低速回転させています。
テールモーターはあまり巻き線にこだわらなくても良い?ようです・・・制御回路でカバーしているようです。
3D飛行でも全く問題有りませんでした・・・
メイン、テール共、回転が安定しているのでもうブラシモーターに戻れなくなりますね!!!
posted by yuta at 16:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。