2011年08月31日

Blade mcpXフルブラシレス化に改造内容

831mcpx1.jpg
フルブラシレス化しEC-135ボデー装着で51.5gです。

831mcpx2.jpg
メインモーター、ESCはwalkeraV100D03と同じ物を搭載。
PIC(12F683)で8KHzPWM信号をパルス幅信号に変換して制御。

831mcpx3.jpg
ギヤはmcpxの純正の8Tで軸穴が1.0mmΦなのでモーターの軸(1.5mmΦ)を1.0mmΦに削った。

831mcpx4.jpg
テールモーター、ESCもwalkeraV100D03と同じ物を搭載。

831mcpx5.jpg
このテールモーター用ESCは優れ物です・・・
2KHzのPWM信号でも動作します。


最初は普通にPWM信号をPICでパルス幅信号に変換して実験してましたがどうしてもハンチングが収まらなくて「V100D3」の動作信号を観察したら・・・2KHzのPWM信号で動作してます!!!

結論
MCPXの8KHzPWM信号をPIC(12F683)で2KHzのPWM信号に変換してこのESCを制御したらハンチングも無く良好です。
posted by yuta at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

Blade MCPX フルブラシレス化完了


やっとテールモーターのブラシレス化に成功しフルブラシレス化が完了しました、ハンチングも無く普通に飛行できます。
220mAリポで4分50秒のホバリングでした、明日天気良ければ屋外で3Dに挑戦しま〜す。

全備51.3g
830mcpx1.jpg

テールモーターは自作0.5mmアルミに取り付け・・修正→0.3mmアルミでした!
830mcpx2.jpg

最初ワルケラのテールロータで実験したが結局純正のテールロータでokです
830mcpx3.jpg

ブラシレスモーター取り付けテール部合計では4.2g
830mcpx4.jpg

純正ブラシモーター取り付けテール部合計では3.5g
830mcpx5.jpg

8月31日追記
0.5mmアルミではなく0.3mmアルミでした!
テールは2mmのカーボンシャフトで純正より25mm長いで〜す。

3D飛行しました・・・(3D?までとはいきませんが)が背面も問題なくテールもしっかり押さえています。
少しテールモーター取り付け部のアルミ部(曲げ加工しただけでネジ1本で固定)が弱いようでネジが緩んでしまいました・・・改造が必要ですね(落とさなければ問題ないのですが・・・)



posted by yuta at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

Blade mcpX ブレシレス化その後

改造1台目
V100D03BL用のメインモーターをギヤ11Tで使ったがモーターの熱がすごく1フライトするとモーターが触れないほど熱く、連続フライトは不可能です。
最初、ホット過ぎる事が解らずにパワーをかけて飛ばしていたら・・・
820mcpx1.jpg
熱で取り付け部が壊れた。

ピッチを下げた設定では何とか1フライトは可能ですがやはり60度を超えてしまい連続フライトは不可能で、30度以上の炎天下で飛ばすとオーバーヒートしてしまいました。

設定ではどうしようもなく・・・ギヤを8Tに変更しました(9Tと思っていましたが8Tでした、mcpxの物を流用です)
820mcpx2.jpg
モーターの熱は問題無くなり1フライト後のモーター温度は55度くらいでした。
連続フライトは可能です。
かなりパワフルです。

改造2台目
V120D03用モーター(WK-WS-12-003)を搭載しましたが(ギヤ11T)やはりモーター温度が70度を超えてしまいます・・・連続フライトは不可能

これも設定ではどうしようもなく・・・ギヤ7Tにしました(Solo MAXの物を流用)
820mcpx3.jpg
これも1フライト後の温度は45度くらいでした。
パワーは普通!!!ですが不足するほどではないです。
これも連続フライトは可能です。


部品をちょこちょこ買って(壊れた部品も直して)いたので予備部品で3台目が完成してしまいました。
(ブラシモータ仕様(純正そのまま)が1台、ブレシレスモータ仕様が2台になりました。)
820mcpx4.jpg

あきれるほど Blade MCPX は壊れにくい機体ですね!!!
後はテールをブラシレスモーターにすれば消耗部品も少なく(無いわけではない)長〜く飛ばせる機体になります。

追記
8月22日
ギヤ9Tは間違いで8Tでした!!!
又、どちらの機体も社外品の220mA(25C)リポで約5分のホバリングでした。
posted by yuta at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

Blade mcpX ブラシレスモーター(メインモーター)に換装

mcpxをブラシレスモーター(メインモーター)に換装しました。
このボデーで換装する前と全く同じ48.0gです。
806mcpx1.jpg

室内でホバリングしましたがこの設定でブラシモーター(MAX100%)とほぼ同じ飛行感覚です。
なのでかなりパワーアップ可能で〜す。
(ピッチは改造前と同じ設定です)
806mcpx2.jpg

V100D03BLのメインモーター用ESCです。
806mcpx3.jpg

ギヤが11Tで径が大きいので少し横に逃がしました。 
806mcpx5.jpg

そのためモーターがサーボに当たるのでサーボも1mm逃がしました。
806mcpx4.jpg

V100D03BLのメインモーターです。
806mcpx6.jpg

V100D03BLのブラシレステールモーターシステムも手に入れたので後日(PIC出力は出してあるのでそのうち)換装予定です。
(V100D03BLが60g以上で安定しているのでmcpxでも問題ないと思います?、テールロータはmcpxよりかなり大きい・・・低回転と思います)
806mcpx7.jpg
posted by yuta at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

Blade mcpXをブラシレスモーターにする

Blade mcpXのブラシモーターをブラシレスモーター換装に成功した人の記事をみて私も挑戦してみようと思います。

mcpXのpwm信号をPICマイコンでブラシレスモーター用ESCのパルス幅信号に変換します。
最初メインモーターだけと思ってプログラム完成したのですが・・・

どうせそのうちテールモーターもブラシレスモーターにしなくてはならなくなるのでついでにテールモーターもブラシレスモーター用ESC出力を出しておきました。
出力パルス幅は0.95〜2mSECでオシロスコープで動作は問題ないようです?がアンプが無いのでモーター回転実験できず”!。

mcpX基板にPICにプログラム書き込みしてバラック配線し完成です。
801mcpx.jpg

後はブラシレスモーター、ブラシレスモーター用ESC、ギヤが来るまで待ちです。

(モーターは成功した人と同じC05M、C05XLを注文したのですが在庫無しでかなり遅くなりそうなので急遽Walkera V100D03BLと同じ物を手配しました。)
posted by yuta at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

Walkera V100D03BL 外で飛行

Walkera V100D03BLを初めて外で飛行し背面にしましたが問題無いです。
Blade MCPXよりも安定していると思います。
しかし少しの接触でメインブレードの先端を破損します・・・3枚もやってしまった。
結局、手放すことにしました。・・・オークション中です
V100D3-1.jpg
ソケットは信頼性の高いJSTに交換済み。
V100D3-2.jpg
付属品はこれ。
V100D3-3.jpg

まだまだ落とす事が多いのでBlade MCPXで練習します。
posted by yuta at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。