2011年07月18日

BLADE MCP Xに自作EC−135ボデーを!

BLADE MCP X にシュミレーションでお気に入り(視認性の良さ)の自作EC−135ボデーを取り付けました。
719ec1.jpg

今までの簡易ボデーと比べると更に視認性が良く、見栄えが良くなります?
719ec2.jpg

手前は試作1号機で3mm厚45倍発泡EEPでカットアンドトライで、飛行性能もまあま納得できるようになった(2.1g)ので軽くするため2号機(奥側)を60倍EEP3mm厚で作りました(弱いので少しカーボンシートで補強)
719ec3.jpg

60倍発泡EPP+カーボンシート補強で1.5g。
719ec4.jpg

こんな感じで2分割で脱着式です。
719ec5.jpg

まずテール側を取り付けてからフロント側を取り付けます・・・10秒くらいで完了
719ec6.jpg

ノーマルのmcpxでは姿勢が解りずらい(私の目が悪いだけか?)のでしばらくはこのボデーで練習しま〜す。

追記・・・試作1号機の失敗談
試作1号機ではテール部の円の内径をテールブレードぎりぎりまで小さくして、更にテール部の外側面積も大きく(垂直尾翼面積を大きく)していましたがラダー操作が不能になる現象が出ました。
その為、円の内径を大きくし、外側もカットし、垂直尾翼面積ができるだけ少なくなるようにしました・・・ラダー操作は問題なくなりました。
mcpxは垂直尾翼が無くても問題なく飛行できるように設計されているようです・・・




posted by yuta at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。