2011年01月25日

可変ピッチペラ搭載センターモーターレイアウト機完成

cmvp1.jpg
オリジナルファンフライCM600VPです。
2セル220mAリポ搭載で全備81.5g。
スパン600mmのセンターモーターレイアウト機でペラはGWS6030DD改造品。

cmvp2.jpg

cmvp3.jpg
 
yak54スパン500mm搭載のシステムを移植。
yak54スパン500mmは体育館の床にキスをしたらモーターシャフトが折れてしまいました。
飛行は動きが早すぎた?ので(小さい割に機体が重過ぎたようです)少し大きめの機体にし,
体育館の床は堅いのでセンターモータレイアウト機にしました。

これはだいぶ前に作ったセンターモーターレイアウト機(1セル全備75g)です。
http://yuta3006.seesaa.net/article/17103330.html
posted by yuta at 10:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

可変ピッチペラシステム改造

FAN770VPに搭載していたモーターを変更した。

ラピド工房製RAPIDO 可変ピッチセット(モーター2050KV付き) 2セル対応を使っていたが
24極モーター(Turnigy 3020 Brushless Outrunner Motor 1800kv)に交換した。

左が今までの2050kvモーター、右が24極モーター1800kv
119vpp1.jpg
VPPユニットは56.0gで完成
119vpp2.jpg

119vpp3.jpg

VPPユニットを機体に取り付け、2セル450mAリポ搭載で全備172g。
119vpp4.jpg

アンプはHobbyking SS Series 15-18A ESCを使おうと思っていたのだが2セルでは何とか使えたが3セルでは起動しない(普通のブラシレスモーターは問題なかったが)ので諦めてCT−12Aを使うことにした。
(CT−12Aは3セルでも問題なく起動しました。)
posted by yuta at 10:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。